2006年 04月 05日 ( 2 )

悔し涙・・・

いつまでも降り続く雨の中、ヒート2がスタートしていく。
f0090472_18304150.jpg空ちゃん、B決勝 ヒート2
サイティングラップに出ていった、空ちゃんが戻って来ない、何処かで転倒した模様。
みんなを待たせ、だいぶ時間が経って戻ってくる。レース前の転倒で、意気消沈。この後の結果は見えていた・・・





f0090472_18204447.jpgf0090472_18205844.jpgスタートフラグが振られ、6番手で1コーナーに入るが、朝の元気はない。
見せ場も無く、淡々と周回を重ねるのみ。その後、最下位まで落ち、転倒者有りで結局6位。ダメだな~・・・ レース終了後、寒さに震え、車に隠る空ちゃん。この時すでに発熱していたみたいで、しんどいレースだったと言ってました。2ヒート目は残念な結果でしたが、悪天候の中、空ちゃんにしてはよく頑張ったレースだったと思います。
飛ー坊、またもや2位で表彰台ゲット!おめでとう!!海君、頑張って走り、3位でフィニッシュ。1ヒート目が勿体ない・・・


nagisa、A決勝 ヒート2
f0090472_20105778.jpg
f0090472_205675.jpg
1ヒート目の好調さ、そして大きな自信を胸に、サイティングラップに飛び出していく。「頑張って走っといで」の言葉に、笑いながら大きく頷きスタートして行く。
1コーナーを4位で通過し、まなちゃんを捉え、3位に浮上、まなちゃん、咲〇ちゃんを後ろに従え、走行している。


f0090472_2012387.jpgf0090472_20125927.jpg

ここからまなちゃんとの、最終ラップまで続く熱いバトルの始まり。頑張って後続を押さえきってはいたが、後ろからのまなちゃんのプレッシャーから、逆バンクコーナーで痛恨のミス。アウト側の水溜まりに入り失速。まなちゃんに抜かれ、4位に落ちる。


f0090472_20153846.jpgf0090472_20185610.jpg

しかし、やはり今日のnagisaは違っていた。いつもは抜かれると、諦めて追いかけられずにいたが、まなちゃんの後ろにピッタリ張り付いて離れない。至る所で仕掛けていくが、さすがにまなちゃんを、簡単には抜く事が出来ない。3周の間、後ろからまなちゃんの走りを観て、仕掛ける所を決めたnagisa。L1のボードが出され、最終ラップ突入。まなちゃんより、速いと思っていたフープスで仕掛けたもよう。ゴールの写真を納めようとゴール付近に移動するパパ。振り返ると目に飛び込んできたのは、フープスにダッシュするまな父!「あっ」2人のうちのどちらか転倒?それとも2人共転倒?パパ・ママ・まなママの3人でヤキモキしていると、BIGテーブルから飛び出してくる、まなちゃん。転倒はnagisaだった・・・いつもと違うラインからパッシングを試み、転倒したみたい。ここで、まなちゃんとの永いバトルの終了、そしてnagisaのごきモトが終わる。まな父にヘルプしてもらい(まな父、ありがとうございました)戦列に復帰するが、後続の全てのライダーに抜かれ、最下位でゴール。
f0090472_2021740.jpgf0090472_20213443.jpg
無言のまま、パドックに戻るnagisa。「頑張って走ってたな、凄く速かったで~レースは負けたけど、メッチャ格好良かったで!」とのパパの言葉も耳に入りません。ずっと俯いたまま、下ばかり見つめるnagisa。ママがパドックに戻りnagisaに声を掛けると、大粒の涙が溢れ出し止まりませんでした。

乗れてる自分、1ヒートで3位になった自信、夢に見たA決勝での表彰台、ライバルの強さ、なぜあそこで抜こうとしたのか?、結果が残せない自分への苛立ち、色んな事が頭に巡っていたのでしょう。nagisaにとって、レースでは初めての悔し涙となりました。その後、冷静さを取り戻し、いつものnagisaに戻って笑っていましたが、やはり1番のライバル【まなちゃん】に負けて、悔しい気持ちでいっぱいのようでした。

まなちゃん、飛ー坊の表彰式を見届け、みんな怪我も無く、ごきモト6が終了となりました。
ん??よちきの結果はどうだったんだ?

雷雨・マディと最悪のコンディションの中、nagi家の子供達、親の脳裏に焼き付く素晴らしいレースをしてくれたと思います。nagisaにとって今日のレースは、大きな自信と今後レースを続けていく為に必要な《悔し涙》を流せるライダーに成長した、とても良いレースだったのではと思っています。帰ってからnagisa曰く、「まなちゃんとのバトルは負けてメッチャ悔しいけど、メチャクチャ楽しく走れたよ」と嬉しそうに話してくれました。楽しかったら、それで良し!空ちゃんも、B決勝とはいえ初めて3位を走行するなど熱い走りをしてくれたし、帰りの道中、機嫌良く帰れたのは言うまでもありません。今日は、めでたしめでたしって感じかな?
しかし、雨のレースは非常に疲れる・・・

次は全日本・名阪、そしてWC・R2
今日以上のライバル達がいる戦場で戦わねばならぬ~~
がんばれ、nagiちゃん!!もっともっと大きくなれよ~~~ 身長以外で・・・
[PR]
by nagikono | 2006-04-05 20:24 | レース

越えられた壁!

地獄の三連戦、始まりのごきモト6!
奈良県吉野の山奥まで行かなきゃならないが、昨日の予想通り、案の定パパ寝坊。6時出発が6時起床に!慌てて用意をし、車に飛び乗る。猛ダッシュにてコースに向かい、45分で到着、新記録だ!昨日夜半からの雨で、コースはスパーマディだろうと思っていたが、結構踏み固めていて、水溜まりは沢山あるが、50では行けそうかな?と思えるコンディション。受付・車検を済ませ、ライダーミーティングに耳を傾ける。

練習・タイムアタック 出走14台
nagisa・空ちゃん共、無事にタイムアタックを済ませる。
nagisa6番時計 A決勝、 空ちゃん13番 B決勝
まなちゃん5番 A決勝、 飛ー坊9番、海君10番 B決勝

B決勝 1ヒート
空ちゃん、飛ー坊、海君が走るB決勝。
埋まる事はないが、マディで有る事には変わりはない。このクラスが一番辛そうなコース状況。そして、やっぱり降り続く雨・・・
空ちゃんには、落ち着いてアクセルを開ける事だけを言い、送り出す。サイティングラップの後、スタートフラッグが振られる。
f0090472_2195732.jpgf0090472_21191359.jpg
f0090472_2444555.jpg

スタート、まずまずで1コーナに入る、4番手ぐらいか?無事にオープニングラップを周回し、2週目に突入!ここから空ちゃんが見せ場を作る。一瞬ではあるが、3位に浮上!初めてバトルしてる空ちゃんを観た、パパ・ママ凄く興奮しました。その後は、2台に抜かれはしたが、順調に周回を重ね、5位で無事チェッカーを受けました。飛ー坊、初めての下市での走行で2位ゲット!たいしたもんだ~。海君、転倒により6位。

続いて、A決勝 ヒート1
nagisa、まなちゃんが走るA決勝。サイティングラップ前からの雷雨により、一時中断を挟み、仕切なおして、レーススタート!
1コーナを5位で通過、前方の上〇君を追いかける。
f0090472_2535069.jpg
f0090472_254314.jpg
が、さすがに早くに逃げられる。次に4位落ちた咲〇ちゃんを、射程距離に捉え、追撃開始!結構ハイスピードのバトルの幕開け!






この咲〇ちゃん、nagisaがまだMXを始めたばかりの頃、スタンディングの出来ないnagisaに、、シートを外してスタンディングの練習に付き合ってくれた、いわば師匠のような子なのです。その頃から速く、この子とバトルができ、追い抜く事が出来れば一人前と、nagi家の目標でした。遂にチャンスがやってきました!

f0090472_3183689.jpgf0090472_318456.jpg
3周の間テールには食らいつくが、抜く迄にはいたらず、泥を掛けられ続ける。しかし、今回のnagisaは、観ていて怖いぐらいアグレッシブな走行をしながら、冷静に咲〇ちゃんを観察していました。



f0090472_3294744.jpg

コーナーで仕掛ける時は、INからしか抜けないnagisaが遂に仕掛ける。最終右コーナを、ななななっなんとOUTから抜いて行く。これには、みんなビックリ!!下市を走った事がある人には解ると思いますが、この最終右コーナー、OUTの土手が低く、飛び出せば即コースアウトの怖いコーナーです(パパがもっとも苦手なコーナー)この雨の中、お見事!!このコーナは、自分の方が速いと解っていたらしく『ここしかない』と仕掛けたらしい。見事3位に上がる。この次の周がファイナルラップ、無事最後まで走りきり、3位でチェッカーを受ける。パドックに戻り、とても嬉しそうなnagisaが笑っています。「パパ~、メッチャ頑張ったやろ!!3位やで、3位」と大喜びのnagiちゃんでした。なかなか越えられない、大きかった壁を越える事が出来た喜びが爆発してます。この後の2ヒートも、この調子で頑張って貰わねば!表彰台が見えてきた~

でも、そう甘くないのが人生!この後の「悔し涙・・・」につづく・・・・・・・・
[PR]
by nagikono | 2006-04-05 04:01 | レース